オーストリアでおいしいお刺身・魚製品をお取り寄せ🐟

 

こんにちは、サラダ納言です。

 

突然ですが、私が世界で一番好きな食べ物は間違いなくお寿司です。#冒頭から究極の知らんがな情報を失敬

明日地球が滅びるなら、最後の晩餐は特上のお寿司がいいです。🍣🍣🍣

 

世の中に”絶対”なんてものは無いけれど

私がこの世で一番好きな食べ物がお寿司であるという事実。これだけは、”絶対” なんだよなァ。。。

 

f:id:salatnagon:20220416005144p:plain

YES!!

 

まあそれは置いておきまして。

元々お肉よりお魚派の私は、海なし内陸国オーストリアでのお肉いっぱい🥩🥩🥩お魚少ない少な~い🐟ライフに、なかなか慣れられずにいます。

 

一応、スーパーでサーモンとか鯛の仲間っぽいお魚、タコやエビなどを買えるっちゃー買えるので(鮮度はまあ普通)(生食可であることは極めて稀)、それらを食べてお茶を濁してはいるものの、

やっぱり美味しいお刺身とか干物とか日本的な魚製品が恋しくて…食べたくて食べたくて……ボンバイエ……。

定期的に食べないと本気で発狂しそうになるんですよね。(重症)

 

そんな私が発狂防止措置として利用している、

オーストリアに居ながら美味しいお刺身や日本的な魚製品を食べられる、最高のお取り寄せサービスがありまして…

本日は誠に勝手ながら&僭越ながら、

此処にそのサービスを紹介させて頂きますッ

⇩⇩⇩⇩⇩

 

★Hokkai Suisan(北海水産)★ ※リンクになってます

 

はいド―――――――ン!!!

皆様お馴染み!!!

北海水産さまであります!!!

ははーーーーッッッ ザリザリザリザリザリひれ伏しながら額をアスファルトに擦り付けている)

 

北海水産さまは、高品質で美味しいお刺身や干物、日本人になじみ深いお魚製品の数々を、冷凍便でオランダからヨーロッパ各地に配送してくださる大変素晴らしく徳の高いサービスを提供されている企業様です。(ありがとうございます)(愛)(LOVE)(Liebe)(チュッ)

 

私から説明させて頂くことなど、もはや何もない…

先のリンクからHPをご覧頂ければわかる、素晴らしい商品の数々…🐟🐟🐟

 

辛子明太子…

ホタテやヒラメ、アジのお刺身…

アジの開き、ホッケの干物…

塩サバ〆サバ、サバの味噌煮…

ブリの切り身ってンあああああああああああああ!!!

ああああああああああ!!!

ン“ン“ン“ン!!!

ン“ン“ン“ン“ン“ン“ン“!!!!

バリバリバリバリバリバリィ!!!!

 

 

…ハァ …ハァ

 

 

すみません…あまりの最高さについ…取り乱してしまいました…

あ、大丈夫です大丈夫です…この服汚れてたし…引きちぎっていいやつだったんで…えぇ…

 

 

注文した商品はオランダからはるばる送って頂きますゆえ、オーストリアから注文する場合はミニマムオーダー100€以上、送料が42€が掛かります。(※2022年4月現在)

なので私は日本人の友人に声をかけて、3~4人で共同購入させてもらっています♪ お友達のみんなも…いつもありがとう…!!!

 

私が此処オーストリアの地で発狂せずに暮らせているのは、北海水産さまのお陰と言っても過言ではありません。もはやオランダの方角に足向けて寝られないってもんです。寝るけど

 

そんなこんなで北海水産さまへの感謝と愛が止まらないので、今日は本投稿にて勝手に紹介させて頂きました。

在欧邦人で、私のように美味しいお魚を定期的に食べないと発狂する特性をお持ちで、かつまだ北海水産をご存知ない方がいらしたら…その方に届けば幸いです…!!

 

《2022.4.16追記》

ちなみに我が家のお気に入り商品は、

  • 各種お刺身
  • アジの開き(5尾で7.25€😍)
  • 辛子明太子

でーーっしゅ!

 

それでは今日はこの辺で。ちゅす!

 

P.S.

美味しいお魚を食べられようと食べられまいと、結局発狂するということがわかりました。

オーストリア de 妊婦生活

 

こんにちは、サラダ納言です。

 

私事ながら現在臨月の妊婦でして、予定日まで残り僅かとなった日々を夫とワクワクしながら過ごしています。

 

ブォリブォリ

 

あ、最近、私の中で空前のケロッグコーンフロスティブームが来てましてですね、

おいしく貪りながらお送りしてもいいですかね、あ、だめですか、そうですか。ブォリブォリ

 

私は初めから  日本に帰国はせずオーストリアで産むつもりでいたので、妊娠期間のほぼ全てをこちら🇦🇹で過ごし、現地の病院に通ってきました。

何故なら、生まれたて赤ちゃんとの生活を夫と楽しみたくて!あと新生児連れて飛行機乗るの大変そうだなと思って!( ✌︎'ω')✌︎←

なんの気なしに過ごしてきましたが、振り返ってみると色々と貴重な経験をさせてもらってるよな~~と感じる今日この頃です。( ✌︎'ω')✌︎

なので今日はメモ程度に、ざっくり気付いたことや大変だったことを残しておこうと思います。

( ✌︎'ω')✌︎

f:id:salatnagon:20220415045527j:plain

オーストリア母子手帳。その名もMutter(母)-Kind(子)-Pass

 

制度や文化について

  • 検診と出産費用は基本的に無料
  • その代わりに?検診回数が少ない(1〜2ヶ月に1回くらいの頻度)。
    • 日本は出産まで計14〜15回ほど産婦人科に通うようですが、こちらの母子手帳(Mutter-Kind-Pass)で定められている最低限の受診は4回 間違ってたらごめんなさい…人によりけりかも
    • 私は最終検診でちょっと所見アリだったため追加で3回大きい病院に通っていますが、それでも計7回
  • 検診が少ないのでエコー検査を受ける回数も少ない
    • 手元にある 赤ちゃんが映ったエコー写真は初期の検診で貰えた3枚のみ
    • 後期は、久々にエコーもらえた~!と思ったら赤ちゃんのサイズ等数字だけが羅列された感熱紙(エコーと同じ素材の紙)で、紛らわしさに笑った😂
  • 日頃通う婦人科と産む施設が違うことがある
    • 最寄りの婦人科は、妊婦検診は行っていても出産は管轄外だったため、産むための病院を別途探して申し込んだ
    • 産後6~8週間後の母体チェックは、出産する病院ではなくまた最寄りの婦人科で診てもらうことになる
    • 総合病院とか大きい病院に通ってたら検診〜出産まで一貫できるぽい 知らんけど
  • 妊娠期間/出産時/産後のケアをしてくれるHebamme へバメ(助産師さんのような存在…?)を、保険適用で雇うことができる 
    • へバメとは簡単に言うと、妊娠生活のサポート・出産時の介助・産後の母体と赤ちゃんのチェックや育児指導などを行ってくれる、妊婦さんをマンツーマンで全面的にサポートしてくれる存在
    • 私は産後に家庭訪問してもらうへバメさんだけ契約した
    • 産後の家庭訪問では、育児指導や赤ちゃんと母体の状態チェックをしてくれたり、育児に関する目下の悩みを相談できるとのこと。ありがてェ~~~だがしかしドイツ語心配~~~😂(笑)
    • 産前~出産時~産後まで一貫して同じへバメさんにお願いする方も多いみたい
  • 日本より強く母乳育児を推奨してる気がする※個人の感想
    • もちろん病院によって方針は違うと思うけど、私が出産する予定の病院では母乳育児が大前提で、加えて産前の面談にて  ”私自身が母乳で育ったかどうか、何歳まで母乳を飲んでいたか、兄弟も母乳で育ったか"  など事細かに問診されたのが印象的だった
    • 産後お願いしているへバメさんも、母乳がイチバン!!哺乳瓶はひとつも買わんでヨシ!!って方針…😂 もう買ってあるし、隠れて使うかも…(笑)
  • 日本のような、妊娠中の厳しい体重制限は無い
    • 西洋人と日本人の体格の違いなど関係してるのでせうか。日本人と比べると背が高く骨格がしっかりしてる方が多くて🇦🇹、妊婦さんが集まる場に行くと、ほぼ確実に私が一番ちんちくりん👍
  • 病院の予約は、基本的に全部電話。これのお陰でメンタル鍛えられた(後述)
  • マタニティーマークは無い

 

ブォリブォリ (まだ食べてた!)

 

大変だったこと→語学面(ドイツ語)

いやはや。これに尽きますな(^3^)☆

こんなこと(妊娠出産)もあろうとこれまで語学勉強をタラタラ進めていたのですが、それでも色々とギリギリでした😂👍笑

 

  • 検診は毎回7割くらいしか聞き取れてなかったけどまぁなんとかやってこれた(奇跡)
  • 分からない時は聞き返せば、ちょっと砕いて説明してもらえるので案外大丈夫
  • 「なんだかんだで概ね理解できるから大丈夫」とはわかっていながらも、それでも検診のたびに毎回緊張→→ハァァァァァァァァァ意外といけた…耐えた…の繰り返しで、メンタル鍛えられた
  • 婦人科・大きい病院・ラボ・出産する病院、どこもかしこも電話予約だったので、電話のハードルが下がりメンタルも鍛えられた
  • へバメ探しも基本的に全部電話で、ヘバメリストとにらめっこしながら片っ端から電話かけて探した。結果メンタル鍛え(以下略

 

そんなこんなで日々トライアンドエラーを繰り返し、メンタルが鍛えられたお陰で、病院関連で人生初の  "電話ガチャ切りされる側"  を経験するも「ウヒョwwwこれがwwwガチャ切りってやつwww」くらいのノリで済みました。(笑)

 

自分と子供の健康に関わる情報を正しく理解できる&伝えられるだろうか…?😨という理由で、始めは検診や面談のたびに毎回緊張してましたが、

最後の方(つまり臨月の今)は流石にもう慣れて、さほど構えることなくリラックスして通院できるようになりました。

今後は子供の健診とか、発熱で急な受診もあるだろうし。妊娠中に通院に慣れられてよかったです( ✌︎'ω')✌︎

 

英語オンリーの夫も、ほぼ毎回検診に一緒に来てくれて、いつも静かに横に鎮座していてくれたので🧘‍♂️🧘‍♂️🧘‍♂️それも大変心強かったです。アリガトウ‼︎‼︎

 

その他

  • ベビーベッド、でっか!!!(70cm×140cm

f:id:salatnagon:20220415063053j:plain

組み立て中
  • ベビーカー、いかつ!!!

f:id:salatnagon:20220415064751j:plain

ドヤ納言
  • 何そのよく売ってる人形とタオルのあいのこ的なおもちゃ!(Schmusetücher)

f:id:salatnagon:20220415065135j:plain

赤子ににぎにぎさせておくらしい



  • お腹が目立つ服を着ている妊婦さんが多い
  • 売ってるマタニティウェアも、お腹が目立つデザインが多い気がする(個人的に日本はゆるいシルエットでお腹が目立たないものが多いイメージ)
  • 妊婦さんや子連れに優しく寛容な雰囲気
  • つわり中、スーパーで売ってるもので食べたいものが無さすぎて困った😂(とりあえずフルーツばっか食べてた)

 

そんなこんなで!

近々やってくるであろう、生活が激変するその日が楽しみで〜す( ᐛ)

 

それでは今日はこのへんで。ちゅす!☆

 

ブォリブォリ

スライサーで薄切り肉づくり in オーストリア

 

こんにちは、サラダ納言です。

 

突然ですが、薄切り肉って最高ですよね。

 

すき焼き、しゃぶしゃぶ、豚生姜焼き、お鍋、炒め物、お好み焼き…

我々日本人に馴染み深い料理たちの立役者と言っても過言ではない、薄切り肉。🥓🥓🥓

しかし悲しきかな、オーストリアやドイツにおいて彼らは簡単には手に入らない存在…。

 

薄切り肉のない国で 彼らをゲッチュする手段は以下2つ。

  • お肉屋さんのカウンターで交渉や予約注文する※対応可能かはお店による
  • スライサーで自作する

⇑納言は後者を選択し、月1ペースで薄切り肉を量産しています。🥓

 

機械のお手入れは若干面倒ですが(※後述)、薄切り肉を心置きなく食べられることによるQOLの爆上がり加減を鑑みると、スライサーを導入してよかったと感じています。

 

ただ、慣れるまではお肉がボロボロになったり、若干コツが必要な作業だと感じているので
今回は我が家なりのお肉スライス必勝パターンを参考までに紹介します。

それでは早速サクサクいっちゃいますで候!!

 

使用しているスライサー

f:id:salatnagon:20220403073200p:plain

Amazon.deリンク) ritter Allesschneider E 16 Duo Plus

Amazonドイツにて100€以下で購入。本来はハードパンやハム、チーズ用のスライサーのようですが、これでお肉を切ってます。(YES!自己責任)

約月1回稼働で2年近く使っていますが、いまのところ全く問題なく使えてます。

 

カモン!レッツ薄切り

①お肉を冷凍する

f:id:salatnagon:20220403082407j:image

皮つきの豚バラ肉などは冷凍する前に皮を取り除いてから、丸一日かけて中心部までしっかり凍らせる※写真のお肉はそれぞれ1kg

 

②冷凍庫→冷蔵庫に移して5~6時間かけて溶かす

冷蔵庫に5時間半~6時間保存し、半解凍状態にする。※お肉1kgの場合

解凍時間は、お肉の大きさに合わせて微調整してください。

 

③満を持してスライス

見た感じまだ全然凍ってるけど…いけてる…?くらいの状態で、スライスしていきます。

f:id:salatnagon:20220403082738j:image

いい具合に半解凍できていると、軽い力でシャーンシャーンシャーンシャーン!!!!!!と、ゾーンに入るくらい気持ちよくスライスできます。

お肉がまだ固くて刃が進みにくい場合は、刃の傷みを防ぐために追加で30分ずつ解凍して様子を見ます。

 

④スライスしたお肉を小分けにして包む(お好みで)

f:id:salatnagon:20220403075514p:plain

必要に応じて、お肉をお好みのグラム数ごとにラップで包み、フリーザーバッグなどに入れて冷凍庫へ。

 

⑤スライサーを掃除する

本体は丸洗い不可なので、アルコールとキッチンペーパーと爪楊枝を駆使して隅々まで拭き掃除する。(トレーなどの洗える付属パーツは食洗機にIN☆)

 

納言的必勝のコツ

時間をかけて冷蔵庫で解凍すること

常温で1~2時間放置でも解凍できますが、冷蔵庫で解凍した方がスムーズ&綺麗にスライスできる上に、スライスした後のお肉も半解凍状態なので取り扱いやすいです。

 

厚さ目安

1~1.5㎜:しゃぶしゃぶ肉くらい

2~3㎜ :生姜焼き肉、こま切れ肉、焼肉

1~1.5㎝:とんかつ肉

 

🥓

 

以上でございまァす!!テ~ン♬おっさっか~なくわえたどら猫♬お~おっかけぇて♬

 

薄切り肉があるだけで海外での料理の幅がグンググングングングンゴンガゴンガゴンと広がったので、スライサー導入は我が家には良い選択でした。

 

ただ、ものぐさな私にとっては使用後のお手入れが若干面倒なので(笑)、

我が家は月に一回まとめてお肉をスライスして、冷凍したものを一か月かけて食べる感じでやらせてもらってます😘

 

 

それでは今日はこのへんで、ちゅす!☆

 

 

納言家の食卓を支えるお肉たちを一挙公開

 

こんにちは、サラダ納言です。

 

本日はエイプリルフール(ドイツ語:Aprilscherz)ですね。

暇やし、在宅勤務中の夫に話しかける言葉の全てを嘘にして遊ぼうかと思いましたが、存外頭を使いそうなので行動に移すまでもなくやめました。

 

そんな訳で今日のテーマは「我が家がよく食べているお肉」についてです。地味テーマ万歳!

この記事では、オーストリア生活でリアルに日々食べているお肉の部位&そのドイツ語名&調理例もうマジでちょっとした参考までに紹介します。

 

各部位のより詳しいドイツ語名を知られたい方は、「肉 部位 ドイツ語」でGoogle検索して、他のブロガーさん方のわかりやすい記事をご覧になることを推奨します🥰

 

目次

 

はじめに

海なし内陸国オーストリアではお魚よりもお肉の方が圧倒的に食べられています。

国民一人あたりの肉の消費量は年間90.8kg(2020年度、オーストリア統計局調べ)。この数値はEU加盟国27か国の中では上から7番目のようです。

ちなみに日本は年間50.7kg(2020年度、農林水産省 食糧需給表より)なので、皆さんかなりお肉を召し上がるんだなという印象。

 

お肉売り場はこんな感じ

前回の小麦粉もそうでしたけど、よく食べられているだけあってスーパーやお肉屋さんに並んでいるお肉も種類豊富です。

f:id:salatnagon:20220401194756j:image f:id:salatnagon:20220401194825j:image

f:id:salatnagon:20220401200452j:image

※通ってるお肉屋さんの公式サイトより拝借

対面カウンターの場合はこんな感じでお肉の塊が並んでいて、店員さんに希望のグラム数を伝えて切ってもらうシステム。

スーパーでは日本と同様に、予め300~500gくらいにパッキングされたお肉も売られています。

f:id:salatnagon:20220401201133p:plain

こんなの

お店によっては豚肉牛肉鶏肉だけでなく、子牛のお肉などもあり種類がより多いうえに、対面カウンターの場合お肉本体と値札表示が離れてて、どれがどの部位かわからないこともたまにあります。😂

なので、慣れるまでは指差しで注文したり、予め欲しいお肉の名前を予習したうえでお肉を買いに行ってました。

 

指差し注文していた納言に降りかかった災難

早速余談ですが、以前お肉の外見だけを頼りに毎回指差しで「これください!」とオーダーしていた時期がありました。

ある日いつものようにお肉屋さんに行くと、運悪く閉店間際で全てのお肉が片付けられておりショーケースがからっぽ状態。指差しオーダーができないという若干の危機的状況に遭遇しました。

 

納「(オワタ…いつも買ってるあの牛肉の部位わからん。引き返そうかな)

店「Hallo!何がほしい?奥から取ってくるよ。」

納「(アーーーー話しかけられちゃったよ。とりあえず行ったれ!)牛肉ください!!

店「どこの部位?」

納「…………

 

  わかりません!!!

 _人人人人人人人人_
 > わかりません <
  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

当然、店員さんは困惑の表情を浮かべてました。(すみませんでした)

一瞬の沈黙の後、どんな調理方法で食べたいの?という質問をしてくださったので、そこからやりとりをして店員さんオススメの部位を買わせてもらいました。

 

納言家の食卓を支えるお肉はコレだ!!!

さて、やっと本題です。

我が家の場合ですが、こんな感じのラインナップでお肉を買っています。

鶏肉はスーパーでパックのものを購入し、牛肉と豚肉はお肉屋さんで塊肉1~2㌔を買ってきて家でスライスしてます。

◎豚肉(Schweinefleisch)

  • 豚ロース肉Schweinskarree
    • 読み:シュヴァインスカレー 
    • 薄切りで:生姜焼きとか豚しゃぶ、その他なんでも
    • 厚切りで:とんかつ、味噌漬け
  • 豚バラ肉Bauchfleisch
    • 読み:バオホフライシュ
    • 薄切りで:炒め物、お好み焼き、その他何でも
    • 厚切りで:角煮
  • 豚ひき肉Schweinsfaschiertes
    • 読み:シュヴァインスファシルテス
    • 単体で:餃子、麻婆豆腐、その他何でも
    • 牛肉と混ぜて:何でも(雑)
    • 豚ひき肉単体はスーパーであまりお目にかかれないので、お肉屋さんのカウンターでオーダーして作ってもらってます。

我が家は好みの問題でほぼほぼ買いませんが、肩ロース肉(Schopfbraten ショプフブラーテン)も脂が乗っていて人気部位のようです。

◎牛肉(Rindfleisch)

  • リブアイRib Eye Steak
    • 薄切りで:すき焼き、牛丼、炒め物など
    • 厚切りで:ステーキ、焼肉
  • ランプRumpsteak
    • ステーキ一択
  • 牛ひき肉Rinderfaschiertes
    • 読み:リンダーファシルテス
    • ハンバーグ、その他何でも
  • グッラーシュ用お肉Rindsgulaschfleisch
    • 読み:リンズゴッラーシュフライシュ
    • カレー、ビーフシチューなど
    • 赤身肉。圧力鍋で煮込むとおいちい。

さすがにもう少し部位にこだわって料理した方が良いかもしれないと、今これを打ちながら危機感を覚え始めました。(笑)

◎鶏肉(Huhn)

  • ささみ(Hühner Innenfilet)
    • 読み:ヒューナーインネンフィレ
    • ささみカツ、その他何でも
  • 鶏もも肉(Hühner Oberkeulen)
    • 読み:ヒューナーオーバーコイレン
    • 唐揚げ、照り焼きチキン、等々
  • 鶏むね肉(Hühner Burst/Hühnerfilet)
    • 読み:ヒューナーブルスト/ヒューナーフィレ
    • 唐揚げ、油淋鶏
    • フードプロセッサーで挽肉にしてつくねとか
  • 手羽元(Hühner Unterkeuren)
    • 読み:ヒューナーウンターコイレン
  • 鶏ひき肉(Hühnerfaschiertes
    • 読み:ヒューナーファシルテス
    • 限られたスーパーにしか無く、かつ近所のお肉屋さんでも対応不可なのでフードプロセッサーで自作することが多い

日本とは逆で、こちらでは鶏むね肉より鶏もも肉よりの方が安いです。ヒャホ――!!理由を調べたところ、諸説アリのようだったので割愛します(笑)

骨なしの鶏もも肉(Hühner Oberkeulen)は一応スーパーで買えますが、無い日も多いので、そんなときは潔く諦めるかお肉屋さんで骨つきのモモ(Hühner Keulen)を買って自分で捌きます。Get wild!!

 

ちなみにオーストリア(というか欧米諸国の多く…?)には、お肉の薄切りという概念が無いようです。売られているスライス肉は、一番薄くても厚さ1㌢以上はあります。

なので、日本のような薄切り肉が食べたければ、お肉屋さんのカウンターにて「紙みたいに薄くスライスしてください!!!」と懇願する(店によっては対応不可)、または自力でスライスする必要があります。

うちは近所のお肉屋さんが対応不可だった&薄切り肉を頻繁に食べるので、家でスライスしてます。

f:id:salatnagon:20220401212505j:image

お肉スライスDAYSについてはまた別で記事にしようと思います。

 

むすび

今日のテーマは我が家でよく食べるお肉についてでした。この記事が、どこかの誰かのお役に立てれば幸いです☆

ではでは~~~~、ちゅす!!

 

P.S.

肉より断然魚派です。

 

オーストリア生活で一番使っている小麦粉(Weizenmehl)

 

こんにちは、サラダ納言です。

 

なんか気付いたらもう2022年だし、しかも明日が3月最終日みたいで。

まじヒエーーーーーーーーですね。わっふるわっふる!!(真顔)

 

さて、前回の記事でイマジナリー息子についてお話した私ですが、現在イマジナリーではなくリアルガチの娘が胎内に控えています。わーい!

来月~再来月あたりには爆誕予定なので、余裕のあるうちにブログ更新していきますので、お付き合い頂ければ幸いです。

 

本日のテーマは、私が日頃の料理で使っている小麦粉(Weizenmehl)についてです!

 

目次

 

オーストリアの小麦粉はとっても種類豊富

日本では小麦粉と言えば、薄力粉・中力粉・強力粉…くらいしか思い浮かびませんが、

オーストリアのスーパーの粉コーナー(こなこーなーだって!おもしろ!フ!)に行くと、どれを選んでいいか分からないほど様々な種類の小麦粉が並んでいます。

f:id:salatnagon:20220401012038j:imagef:id:salatnagon:20220401012054j:image

 

粉コーナー(また出てきた!フ!)には今回取り上げる小麦粉の他にも、ライ麦粉(Roggenmehl)とかスペルト小麦粉(Dinkelmehl)とかも並んでいるのですが、今回は一旦小麦粉だけに焦点を当てます。

 

小麦粉パッケージの表示をよく見ると、

  • GLATT Type W700
  • GLATT Type W480
  • UNIVERSAL Type W480
  • GRIFFIG Type W480

といった単語&数字が書かれています。

 

ざっくりと説明すると、GLATT~などの単語は”粉の粗さ”

Type〇〇という数字は”ミネラル含有量”を指しており、これらの基準によって小麦粉が種類分けされています。

◎粉の粗さ

  • GLATT  細かい
  • UNIVERSAL GLATTとGRIFFIGの1:1ミックス 
  • GRIFFIG 粗い
  • DOPPELGRIFFIG かなり粗い

◎ミネラル含有量(数字が大きいほど多い)

  • Type 480
  • Type 700
  • Type 1600

 

粉が粗いDOPPELGRIFFIGは油を吸うスピードがゆっくりなので揚げる前のお肉にまぶすのに良い、とか、

ふわふわした生地作りにはGRIFFIG、

ソースのとろみ付けにはGLATT…など、

それぞれの小麦粉の種類には特性があるので、レシピに合わせて小麦粉を使い分けるのがベターとされています。

 

引用元:Das Korn des Lebens - Lust aufs Land

(検索すると、上記のような料理に合った小麦粉一覧を見つけることもできる)

 

だがしかし

ここは生粋のズボラ主婦こと納言。ナメてもらっては困る。

 

私は…!!たとえどんなに種類があろうと関係なく…!!

できるだけ使い分けせずに…!!

日々の料理をこしらえたいのである…!!!

 

そんなズボラ納言が辿り着いた1種類の小麦粉。

果たしてその種類とは…?!?!?

 

 

GLATT Type 480が料理に使いやすいよ

まあそんなこんなでオーストリアの小麦粉は非常に種類豊富なわけですが、

なかでも私が一番使いやすいと感じているのは「GLATT Type 480」です。

f:id:salatnagon:20220331014106p:plain

毎日お世話になっている子

 

個人的な所感では、ちょうど日本の薄力粉と強力粉の中間~若干薄力粉寄り、といった感じで使いやすくて大変便利です。

 

具体的には、

  • うどん
  • 焼き餃子/水餃子の皮
  • 肉まんの皮
  • 天ぷら、唐揚げ等あげもの
  • パウンドケーキ、ブラウニー等

を作る際に使用してます。

あとお肉にはたく小麦粉、ホワイトソース作りとかも全部コレで事足ります。

 

肉まんとか餃子の皮の日本語レシピを検索すると、たいてい薄力粉と強力粉を混ぜているのですが、GLATT Type 480  一種類のみで、丁度いいモチモチの皮ができるので便利です☆

 

 

GLATT Type 480を試すまでは、ずっとUNIVERSAL Type 480を使用してましたが、

UNIVERSAL Type 480は強力粉寄りなので うどんとか餃子の皮は毎回すっごいプリプリのブリンブリンな弾力に毎回仕上がってました☆(笑) 

色もちょっとだけ茶色く仕上がります。

まあ普通に美味しく頂いてたけど!!

 

f:id:salatnagon:20220331042718p:plain

以前お世話になってたFiniおばさんのやつ


あと、UNIVERSAL Type 480は弾力がすごいから、生地をめん棒で伸ばすのも一苦労で😂

餃子の皮づくりとか、伸ばしても伸ばしても縮むからもうヒーヒー言ってた訳ですが(笑)、

その点GLATT Type 480は弾力が強すぎないので、めん棒伸ばしもラクラクです。神~~✨

 

でも、UNIVERSAL Type 480で作ったブリンブリンのうどんや餃子の皮も、毎回美味しく食べてたので。極論どっちでもいけると思います☆

 

むすび

はい、今回はこんな感じでよござんすかね。

この記事が、かつての私と同じように、オーストリアのスーパーの粉コーナー(フ!フ!!)で種類豊富すぎる小麦粉たちを目の前に思考停止状態に陥っている貴方に届けば幸いです。

 

ではでは~~~、ちゅす!

 

 

ドイツ語能力検定試験(ÖSD)での喜悲こもごも

 

こんにちは、サラダ納言です。

 

いやはや

月日はあっという間に過ぎ行き、オーストリアも日本もすっかり秋ですね。

 

こちらは、朝は気温が1℃だったりするのでもはや冬に近いですが、まだまだ日照時間が長いのが救いです。

これからいよいよ陽が短くなってきたら

オーストリアの長~い冬が、また始まるんだなあ…

なんて、⑴なんかそれっぽいことを思ったりするんでしょうね。ハハッ

※問一

下線部⑴について、この場合「それ」とは何を指すと考えられるか。筆者の心情・性格・血液型・ライフスタイルを鑑みて50文字以内で述べよ

 

さて、早速タイトルの件について。

3か月ほど前になりますが、ÖSD(オーストリア政府公認ドイツ語能力検定試験)を受験しました。

初受験で、今になって思い返せば色々と印象的なこと(※断じてÖSD受験に関する有益情報ではない☆)が色々あったので記録しておきます。よろしければお付き合いください。

f:id:salatnagon:20211016002435j:plain

試験会場にて、真横の窓から見えた聖人。当然神頼みした

もくじ

 

はじめに

ÖSDの受験は今回が初めてでしたが、生粋のM気質の納言は実力より大いに背伸びをして、"B1"という独検2級相当のレベルを受験してみることに。

案の定、はじめは合格できるか大変微妙な状態でしたが、受験料(150€!!!)をドブにに捨ててたまるか!!!という守銭奴を原動力に勉強したところ

なんと割といい点数で合格できて、素直に嬉しかったです。😂笑

 

合格証書を受け取った日は、過剰なる自画自賛はもちろん、夫にももっと褒めろ!!もっと褒めろ!!!と催促しまくったことは言うまでもありません。☆

ボディビルダーのイラスト(女性) | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

試験当日、印象的だったこと

わァ~、小学生がお手伝いしてゆ!

ここから試験当日の話になります。

まず初めに驚いたのは、試験のお手伝い人員にまさかの小学生男児が紛れていたこと。(笑) 

f:id:salatnagon:20211016000136p:image

試験運営メンバーのどなたかの、ご親族だったのでしょうか。

どう見ても10~11歳くらい、

いやそれより若いかもしれない金髪色白の男の子が、お利口さんに職務を全うしていました。(cute!)

 

その子は "口述試験会場への呼び出し"  と  "会場への案内” を担当していました。

私も口述試験の折には、その子に案内されて会場に向かったわけですが、

なんだろう。

試験中にキュートな男の子に名前を呼ばれて、いざなわれるままに部屋に通されるという状況は新鮮でした。😂

もちろん試験監督官や試験の説明といった重要な部分は、オトナが担当していました。

 

グッバイ愛しの休憩時間

 

ÖSDの試験は、

という4つの試験から成り立っており、受験時間は合計4時間弱かかります。

TOEIC等を受験されたことがある方はお分かりになるかと思いますが、語学試験ってなかなかに集中力を要するんですよね。

 

休憩を制するものは、

試験をも制する…  (突然何)

 

筆記試験では、3つの試験の間に10分休憩が計2回、挟まれていました。

集中力を保ち、最大限のパフォーマンスで高得点を狙っていくにはこの休憩で如何に脳を休ませるかが最も重要だと考えていたアテクシ。

 

そんな納言こと休憩ガチ勢は、1回目の休憩時間から1分1秒をも無駄にしないゼという意気込みで、全力で休憩に臨みました。

 

休憩開始と共にまずは速やかにお手洗いへ!

そして席に戻り、ササっと甘いお菓子を口に放り込んで脳に糖分補給!!

そして残り時間は空中の一点を見つめ、半ば瞑想のような放心状態で脳をシャットダウン!!!

f:id:salatnagon:20211016001257p:image

 

 

…そんなこんなで、1回目の休憩時間も残すところ半分。オレの爆裂放心タイムもいよいよ佳境だぜ!!!といった頃合だったでしょうか。

試験監督官の口から衝撃的な一言が飛び出したのです。

 

👱🏻‍♀️「もう誰もトイレには行きませんか?

次のリスニングテストをもう始めることもできます。その方が早く帰れますよ!」

 

…な!!!?!?!

 

そんなの……!!

そんなの許されるワケないやろうが!!!!!※そんなことはない

 

こちとら休憩ガチ勢やらせてもらってますんで。休憩を縮めるなんぞ言語道断。少しでも長く脳を休ませて、次のリスニングに全力で挑みたい所存!!!

 

(みんな嫌だよね?!休みたいよね?!?!仲間たちよ!!!反論してくれ!!たのむ!!)※超絶他力本願

 

👱🏻‍♂️👩🏻‍🦰👩🏻‍🦱👱🏻‍♂️👱🏻‍♂️「・・・。」

試験会場には私の他に5~6人の受験者が居ましたが、みんなどっちでも良さそうでした。ソリャソーダ

 

(いかん!!このままでは本当に切り上げられてしまう!!!やめてください!休みたいです!)

私は必死で、試験監督官に瞳で訴えました。ドイツ語話せ)

 

👱🏻‍♀️「いいですかね?もう始めても」

 

(だめ!!むり!!!おねがい!!!)

 

👱🏻‍♀️「じゃあ問題用紙配りま~す」

 

(アアアアアアアアアアアアアアアアアアアア😇)

 

願いも虚しく…無情にも休憩は切り上げられ、結局筆記試験中の休憩は2回とも同じ流れで短縮されたのでした。

ちなみに休憩短縮したから早く帰れるかと思いきや、その後の口述試験の段取りが難航したようで、結局予定より1時間押して全ての行程が終わりました😂

 

【不可解】緊張の末に…イマジナリー息子(2)爆誕【奇行】

 

そんなこんなで無事に筆記試験を終え、いよいよ個人的山場である口述試験の時間がやってきました。

口述試験の内容は簡単に言うと、

受験生同士で2人組になり、会話しながら自己紹介したり、お題に沿ってプレゼンをしたり意見を聞き合ったりします。

試験官は横からその様子を伺いつつ、たまに会話に混ざってくる感じ。

家 フリー素材 いらすとや – Khabarplanet.com

 

パートナーと待合室で待機し、遂に自分たちの口述試験の番が回ってきました。私たちは前述の小学生ボーイに呼び出され、別室の試験会場へと向かいます。

 

入室・着席し、まずパートナーと自己紹介しあうところから試験が始まりましたここは試験の導入部分に過ぎないので、無難にサラッと終わらせたいところ。

お互いの自己紹介が一通り終わると、横で聞いていた試験官が私たちそれぞれに質問をしてきます。

パートナーは職業について、対して私は子供がいるかどうかを質問されました。※結婚していると言ったためだと思われる

 

私(※子なし)は笑顔で答えました。

 

「います」

「2歳の男の子です😊」

 

 

……咄嗟に、架空の我が子を爆誕させてしまいました☆しかも2歳☆なんで?☆

 

試験官から質問された瞬間に、考えてしまったのです。

(ここで嘘ついても、今後の人生に何の影響も無いよね。そんな機会、後にも先にも無いかも?)と………😈

 

思いとどまる時間もなく即実行からの即後悔。奇行にも程がありました。

何故わたしは、一番の山場で、その後の試験において何の助けにもならない嘘をついてしまったのか…

ただでさえ会話に必死なのに、そこに嘘を固めるための配慮までしないといけない状況を自ら作り出したのか…

 

…後悔の波は、虚偽の自己紹介を行ってからすぐに押し寄せました。

しかし今、最も集中すべきは目の前の口述試験たった今の愚行は一旦忘れろ自分という名のホラ吹き野郎!ということで、なんとか意識を持ち直し、その後の試験に臨みました。

 

そのあとの口述試験はボロボロすぎて、何を話したかもはや全然記憶にありませんが、

「節約・貯金」をテーマに意見を述べるときに、「息子の将来のために貯金をしています🙂」とかなんとか母親みたいな顔して言ったのだけ覚えてます。

 

さいごに

先に述べた通り、一連の奇行の動機は

日常において、身の上について嘘をついても問題ないシチュエーションとかなかなか無いから…一度やってみたい…!と咄嗟に考えたからでした。

 

しかし結果的に、意味もなく嘘をついてしまったという罪の意識と徒労感だけが残り、全然楽しくないし疲れただけだったので、あまりオススメはしません🥺←

 

試験の後、ドイツ在住の友達(ドイツ語試験経験者)にこの話をしたところ、

「次のレベルからはもっと根掘り葉掘り聞かれると思うから、やめた方がいいよ😐」

と、至極真っ当なアドバイスを頂きました。

もう絶対の絶対にしません。🥺🥺🥺

 

それでは今日はこの辺で。ちゅす!

 

お久しぶり大根

 

ご無沙汰ご無沙汰ァ!!#ブログの冒頭あいさつは元気にってお母さんが言ってた!嘘!

 

こんにちは、サラダ納言です。

 

いやはやご無沙汰ですね~

 

ウヒョ~~~

 

久々の書きぶりとは思えないセンスが光るキレッキレのタイトルに、皆さんさぞかし度肝を抜かしておいでかと存じます。

 

全然更新してない間もアクセスしてくださっていた方々、本当にありがとうございます。ぜひ聖人君主と呼ばせてください。

 

 

最近の納言は

旅行したり、BBQしたり、友達と遊んだり、素敵なタンデムパートナーができたり、タピオカ飲んだり、ドイツ語試験を受けたり(受かった)、ワクチン打ったり、ラジバンダリ、してました。

書きたい話題は山ほどあれど、な~んかシンプルにアウトプットする意欲が皆無だったので、この場を超絶放置してました。

まあそんな時もあるよね、ヒューマンビーイングだもの

 

需要はさておき、久々の更新に至った経緯を述べさせて頂きますと

最近、どうもオーストリアでの生活にすっかり慣れてしまっている節があり。

それは大変有難いことではありますが、せっかく海外生活という貴重な経験をさせて貰ってるので、もっと意識的に、アンテナを張って日々を過ごしたいなァと思ってました。

 

そこで、自分はいま外国に居るのだという自覚を改めて持つためにも、またブログ書くか~と思い至った次第です。

それに近ごろ日本語の語彙力低下が著しくて(笑)、文章を書くトレーニングをしないとやばいので…

 

またプリプリプリプリと奇文怪文を書いていきますね~☆ #独特な効果音

 

ではでは!ちゅす!!